MENU

女性用スカルプシャンプーおすすめ商品一覧

「髪の毛のコシやハリがなくなってきた」「髪のボリュームが減っている」「毛髪のツヤがないみたい」そのような女性特有の髪の悩みを抱えている方は歳をとるにつれてどんどん増加傾向にあるようです。
スカルプシャンプーはそんな悩みを持つ女性におすすめのヘアケアシャンプーだと言えます。
それではおススメの女性用スカルプシャンプーを紹介します。

 

haru(ハル)黒髪スカルプ・プロ

  • 抜け毛・白髪・頭皮ケアがこれ1本で完了
  • 100%天然由来シャンプー
  • ノンシリコンで低刺激だからお肌のデリケートな方でも安心して使えます
  • 初めての方限定で送料無料でお試しできます
  • こんな女性におすすめ

・最近抜け毛が多くなった
・生え際の白髪が気になる
・頭皮がべたつく
・フケが出る
・お風呂の排水溝に髪の毛が溜まるようになった

お試し女性スカルプシャンプー

抜け毛と白髪が気になる女性におすすめ

 

 

遺伝子に合わせたオーダーメイドシャンプー「スカルプセレブ」

  • 頭皮の老化リスクを調べて適した改善アドバイスをしてくれる、一歩先を行く効果的な髪のエイジングケア
  • 遺伝子検査で自分にピッタリのシャンプーを選べる
  • 初めての方は、遺伝子検査+自分にあったシャンプーで1480円

女性用おすすめスカルプシャンプー

あなたの遺伝子に合わせたオーダーメイドシャンプーを提案!

 

 

髪がツヤツヤ!リバースケア シャンプー&トリートメント

ゴクビプログリーンティーアロマスカルプシャンプー

  • 最近注目を集めているリバースケアに特化したスカルプシャンプーとコンディショナー
  • トリートメントをしてからシャンプーをする頭皮ケアの方法をリバースケアと言われてます。
  • 毛髪の痛みや頭皮のダメージを最小限に抑える
  • 頭皮と髪の毛を健やかに保ちます

おすすめスカルプトリートメントとシャンプーセット

リバースケア専用トリートメント&シャンプー【Gokubi-pro】

 

 

富士フイルム【アスタリフト 美髪トライアルキット】

  • 女性用スカルプシャンプー、コンディショナー、エッセンスをセットにしたスカルプケお試しセットが送料無料で手に入ります
  • 近頃、髪のボリュームがなくなってきた、髪がまとまりにくくなってきた、など髪のトラブルや悩みがある方におすすめ
  • 発毛を促すエッセンス、髪の毛にハリとコシを与えるシャンプー、髪の毛を補修したり髪のボリューム感をアップさせるコンディショナーの3本セット

 

スカルプシャンプーとその他のシャンプーの相違点

スカルプ(scalp)は「頭皮」という意味があります。
髪の悩みは男女共通の悩みの一つです。男性であれば薄毛や抜け毛などの悩みがあります。
女性には男性と同じような悩みを持っている方もいれば、それ以外にも髪のハリ・コシ、髪のツヤ、髪のボリュームなど男性に比べて細かい髪の毛の状態を女性はとても気にしているのです。
従来のシャンプーはとにかく髪の毛をきれいに洗うことでこういった問題を解決していこうとしていたのですが、スカルプシャンプーは頭皮環境を改善させることで薄毛や抜け毛、その他の髪の毛のトラブルを解消しようと考えだされたものなのです。

 

普通のシャンプーは髪の毛をきれいに見せるために洗浄力の強い成分を使っています。これにより皮脂もしっかりときれいに落としてしまうことになるのです。
皮脂については毛穴が詰まる原因になったり、頭皮にべとつき与えるなどの頭皮や髪の毛に悪い影響を与えるものと考えられがちなのですが、実は皮脂は頭皮環境を良好に保つうえで重要な働きをしているのです。
それは皮脂にはコーティング作用があるので皮膚をダメージから守ってくれているのです。それだけでなく雑菌の繁殖を阻止する働きもあるので、皮脂をきれいに落としすぎると頭皮環境が悪化してしまい、逆に抜け毛がフケなどが増えてしまう結果になるのです。
スカルプシャンプーは頭皮環境を整えるために、皮脂をすっかり落とすことなく程よい状態に保っておくようにしたシャンプーなので頭皮環境を良好に保つ上では最適なシャンプーと言えます。

 

女性におすすめ成分

 

シャンプーの種類と特長

シャンプーに含まれている成分やその特長などをまとめてみましたので、おすすめシャンプー選びの参考になさってください。

 

硫酸・スルホン酸系シャンプー

ラウルス硫酸塩、オレフィン(C14-16)スルホン酸塩など界面活性剤として使われています。泡立ち抜群で洗浄力も強力です。ただしその分だけ刺激も強いことから肌がデリケートな女性や刺激に弱い女性の方は使わないほうが良いといわれるシャンプーです。

 

石けん系シャンプー

石けん素地、ヤシ脂肪酸塩などを使用。
泡立ちもよくて、洗浄力も強いほうですが、肌への刺激は硫酸・スルホン酸系シャンプーと比較すると少ないです。
デメリットしては、石鹸かすが髪の毛に残ってしまうこととガサつきが発生してしまうことです。

 

アミノ酸系シャンプー

ココイルメチルタウリン塩などが使われています。
髪や頭皮、肌に優しい成分なので、女性にとっても安心して使えるシャンプーの一つです。ただ泡立ちがよくなく洗浄力も弱めなので洗った感覚に満足できない女性の方もいるかもしれません。

 

 

ノンシリコンシャンプーって

シャンプーの中にノンシリコンシャンプーというのがありますが、これはシリコンが使われていないシャンプーです。おすすめしたい女性用スカルプシャンプーの中にもノンシリコンと表示されているものがありますね。
シャンプーに配合されているシリコンというのは、正式にはシリコンオイルのことで毛髪に被膜を作る働きをしています。
それにより髪の毛を摩擦により発生するダメージから保護したり、髪の毛触りが滑らかになるという利点があるのです。以前はシリコンは毛穴をふさいでしまうというような悪影響があると考えられていてシリコンを使っていないノンシリコンシャンプーということをうたい文句にしていたものもあります。
しかし、現在はシリコンにはそういった悪影響がないことが分かっていますので安全性には問題がありません。
ノンシリコンかシリコン入りシャンプーを選ぶのかは好みの問題と言っていいでしょう。

 

女性の抜け毛について

女性の抜け毛の原因(男性の抜け毛との違い)

髪の毛が抜けるのは当たり前ですが、あまりにも抜け毛が多くなってくるとやっぱり気になるものです。
女性の抜け毛が原因となるものとしては、まず第一に老齢化、これは誰にでも訪れることだからどうしようもありませんね。年齢とともに女性ホルモンの分泌が徐々に少なっていきます。そうするとどういうことが起きるかといいますと女性ホルモンの中に存在しているエストロゲンという物質は髪の成長に深く変わっていることから、髪の毛が細くなり抜けやすくなってくるのです。もう一つは出産後に抜け毛が増えてくるケースもあります。これも先ほどのエストロゲンが関連していて、赤ちゃんが体内にいるときにエストロゲンは減少しているのですが、出産した後にまたエストロゲンが急増してしまいホルモンバランスが崩れてしまいます。そうすると抜け毛が増えてしまうことがあるようです。
間違った髪やスカルプケア(頭皮ケア)が原因で毛根を損傷させたり頭皮環境を悪化させたりすることで抜け毛が増加することもあるようです。
その他には、お酒の飲みすぎ、喫煙、寝不足が続く、過剰なダイエットなどは生活習慣の乱れ。過剰なストレスや日頃のストレスが溜まってしまうことも発毛や育毛にかかわる代謝が崩れてしまいます。

抜け毛対策スカルプシャンプー

 

女性の抜け毛対策

まず第一に行うことは、生き生きとして髪を保つために必要なミネラルやビタミンといった栄養素を積極的に食生活の中に取り入れましょう。
そして適切なスカルプ(頭皮)ケアを日頃から行うことも大切になります。その中には正しいシャンプーの方法や自分に髪や頭皮の状態にフィットしたシャンプー選びなどです。
肌がデリケートな方が洗浄力や刺激の強いシャンプーを使っているなら、ますます頭皮の状況が悪くなってしまい、抜け毛がさらに増えてしまう可能性もありますから、そんな方は刺激の少なく頭皮に優しいスカルプシャンプーを使ってみるのをおすすめしたいと思います。
できる限り抜け毛の原因となりそうな生活習慣などを取り除き頭皮ケアもしっかりと行ってもなかなか抜け毛が減らないようなら、育毛剤やサプリメントなどを使うという方法もあります。様々なタイプのものが市販されていますから自分の状況にマッチしたものを選びたいものですね。
また、抜け毛の症状が特にひどいのであれば医療機関で見てもらいましょう。抜け毛が薄毛が気になる方が受信する場合は、皮膚科や内科でもかまいませんが、より確実なのは頭皮専門クリニックです。無料でカウンセリングを行っているところやインターネットから予約をできるクリニックも増えていますので、近くにそういった医療機関があるかどうかまずはネットでチェックしてみではどうでしょうか。

 

 

自分に合ったシャンプー選びの基本

シャンプー選びの一つのポイントはどんな種類の界面活性剤が使われているか?という事になります。

 

界面活性剤とは

水では落とすことができない油汚れなどをキレイにしてくれるもので、髪の毛や頭皮に付着している整髪料やヘアースプレー、皮脂などを落として洗い流すというシャンプーの成分の中でも重要な役割を担っています。
界面活性剤はいくつかに分類されていて、天然物、石けん系、脂肪酸エステル系、アミノ酸系、高級アルコール系、石油系などがそれにあたります。

 

天然物

自然界にあるもので、食べ物などに含まれています。
卵黄のレシチン、牛乳のカゼイン、大豆やヘチマのサポニンなど

 

石けん系

天然の油脂が原料になっています。
ラウリン酸Na、オレイン酸Na、ステアリン酸Naなどが石鹸系の界面活性剤です。

 

アミノ酸系

アミノ酸由来の界面活性剤で、刺激が少なく頭皮にも優しいので、美容院やサロンなどでもよく使われているシャンプーです。
成分はココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルタウリンNaなど「ココイル…」「ラウロイル…」などと書かれているものがそれにあたります。
低刺激なことから肌が弱い方でも安心して使えますし、髪や頭皮が乾燥しやすいタイプの方にもおすすめです。
ただし、洗浄力が多少弱めなのでヘアースプレーなどしっかりと汚れを落としてスッキリしたいという人はちょっと物足りない印象を受けるかもしれません。

 

高級アルコール系

製造方法によって天然系と石油系に分けられます。
成分はラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸塩などがあります。
お店で売られているほとんどのシャンプーはこの高級アルコール系で、洗浄力が強いうえに肌への刺激もあるのでお肌がデリケートな方が使う場合は注意が必要です。

 

石油系

石油から作られている界面活性剤です。
成分は「ラウレス硫酸…」「ラウリル硫酸…」と表記されているはずです。

 

シャンプーに使われている様々な界面活性剤について説明してきましたが、頭皮つまりスカルプケアのことを考えてお勧めできるシャンプーを一つ上げるとすれば、やはりアミノ酸系界面活性剤を使っているシャンプーです。
スカルプシャンプーと宣伝しているシャンプーもそういった商品が多いようです。
前に紹介したようにアミノ酸系は肌に刺激が少ないうえに頭皮や髪に対してもダメージを与えないので、頭皮に乾燥や敏感肌などの問題を抱えている方にとっては現時点では最も有効なシャンプーだと言えそうです。